--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

89式中戦車らしきもの

2013年03月28日 02:24

89式
これも某アニメに影響されて制作しました。
なお、Ⅳ号戦車より先に制作したのですが、あまり公開する気がなかったため、
先にⅣ号を公開することになりました

89式2
足回り以外はかなり雑です。後ろのソリとか、あまり似ていませんね。
履帯をたわませたりできないので、巻くのには苦労しました・・・。

89式3
ギミックは砲塔旋回、砲身仰角、前面ハッチ閉会のみです。フィグは砲塔内に2体しか乗っていません。
どう考えても砲塔の前にフィグを載せられるスペースはありませんから。

89式4
L3っぽい雰囲気の豆戦車と。軽・・・・ではなく中戦車でもかなり大きく見えます。

最近(と言っても2007年のことですが)、自衛隊が唯一現存する89式中戦車(乙型)をレストア、
自走可能な状態にまでしたそうです。エンジンは現代の物を使用して軽快に走行します。
日本軍の戦車と言えば、89式の後継に当たる97式、いわゆるチハが有名ですが、
わざわざ89式をチョイスしたのはこれが理由なのではないでしょうか。
スポンサーサイト

Ⅳ号戦車F型

2013年03月01日 02:00

Ⅳ号F型1
某アニメに影響を受け、Ⅳ号戦車を作りました。
レゴ的事情により、簡略化車体、短砲身、クラッペありのF型相当のものです。

Ⅳ号F型2
斜め後方から。特徴的な消音機能付きマフラーと、華奢な誘導輪を再現しました。

Ⅳ号F型3
操縦手、無線手、装填手、砲手それぞれにハッチがあり、
またエンジンルームのハッチもちゃんと2つ再現してあります。
ただし、キューポラにある車長用ハッチの再現は無理でした。

Ⅳ号F型4
言うまでもなく、車体内部もある程度作りこんであります。
エンジンは詳細なデータがなく、そもそも再現できる技術力がないので、
適当にそれらしいものを入れておきました。

Ⅳ号F型5
履帯は1ポッチ幅のものを2つ並べたため、転輪、上部転輪、誘導輪、起動輪も二重になっています。
8輪4対のボギーは別々に稼働し、サスペンションとしての機能を果たします。
履帯を巻くために1,2時間は費やしました。それでも、全体の作業時間の1割にも満たないのです。

Ⅳ号F型6
車体内部の様子です。計器やレバーの類は忠実ではありません。
操縦手の斜め右にいるのが無線手で、その横に無線機があります。
砲塔バスケットには砲手、装填手、車長が乗っています。
限りなくどうでもいいですが、装填手の左手(砲弾を押しこむ方の手)は手袋をしています。


Ⅳ号F型10Ⅳ号F型7
Ⅳ号F型9Ⅳ号F型
Ⅳ号F型8下面を除く5面からの図。
砲塔上面の微妙な傾斜も再現しています。
2012年の12月中旬ぐらいから制作を始め、今年2月までになんとか完成へこぎつけました。

Ⅳ号戦車F型のスペックや仕様についてはWikipediaを参照してください。

LDDで作った火砲類ギャラリー?

2012年09月28日 22:13

SAMR4.png
汎用軽輸送車に積んでたSAMランチャーです。

SAMR4-2.png
迎角は40度ぐらいが限度ですが、形が好みなので公開。

4連対潜ロケット砲-1
対潜4連装ロケットランチャー。特に凝ってない

4連対潜ロケット砲-2
左右独立、後ろはちょっと寂しいですね。

LDDScreenShot99.png
ファランクス風CIWS。間違いなくコスト高いです。でも再現性はバッチリ

LDDScreenShot94_20120928215153.png
ヴォォォォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

RWS改-1
ジャガーに積んでいたRWSの改良・発展型です。

RWS改-2
最大迎角が90度までになり、発煙弾発射機が装備されました。

RWS改-3
その気になれば俯角も相当取れます。その気になるといろいろ破錠しますが


コメント:
広告出てたのでとりあえず更新。
本当にパーツが無くて何も作れないのでこのザマ。

本当は、ハルパー2とかあるんですけどね・・・・テストが接近してきたのでこれでご勘弁を。

グレートフェアリー・ガーネット

2012年06月10日 00:02

グレートフェアリー・ガーネット
LDDScreenShot35.png

フェアリー・ソードフィッシュっぽいLDDモデルです。

設定
第2次世界大戦の数年前。
LEGOFrontier国海軍航空隊は老朽化した旧式雷撃機を更新しようと考えていた。
当時はまだ世界大戦まで発展すると考えられておらず、
海軍航空隊上層部も保守的でり、性能よりも信頼性を重視していたため、
要求性能は「旧式雷撃機より全体性能を上回り、扱いやすい」という非常に低いものだった。

海軍航空隊の要求を受け、グレートフェアリー社は、
丁度完成したブラキストル・ハイドラエンジンを新型雷撃機に搭載することにした。
ブラキストル・ハイドラエンジンは吸排気弁機構にDOHCを採用した偶数気筒エンジンで、
馬力こそそれほど高くなかったものの、3620rpmまで回る高性能なエンジンだった。
機体は鋼管に羽布張り、複葉と非常に保守的であった。既に全金属・単葉機が普及していた当時、
旧式とも言えたが、艦載機はまだ保守的な設計が好まれたからであった。
しかし、本当の理由は大型空母がまだ未完成であったことに由来する。
当時保有していた空母の大きさでは全金属の単葉機の運用は難しく、
最高速度を犠牲にしてでも離着艦の安全性を重視したため、
結果的に複葉という方法を取ったのだった。

完成した機体はすぐに量産に入り、海軍航空隊への引渡しが始まった。
第2次世界大戦が始まったのである。
北ユートッパ戦線においては、大規模な空対艦戦闘が発生せず、
より高性能な後継機の開発も失敗し、結局ガーネットは最後まで戦線にあり続けた。

LDDScreenShot45.jpg
急降下するガーネット。1944年夏ごろ、バトル海。

開戦時から既に性能としては旧式であったガーネット。
しかし、以外なところでその真価を発揮した。
対潜哨戒任務である。
その任務上、長時間滞空する必要があるため、操縦性のよいガーネットはパイロットに非常に好まれた。
低速であることもここではメリットとなり、ガーネットは非常に高性能な対潜哨戒機として終戦まで活躍した。


コメント
エンジンが偶数気筒なのは気にしてはいけない。
元ネタのソードフィッシュのエンジンを作ってるブリストルが偶数気筒のエンジン作ってることをいいことに、
設定で何とか誤魔化したけど、保守的とか言ってるのと矛盾してるよなァ。
でも、結構それっぽい見た目になったし、満足。
実際に作ると主脚が重さに耐えられないので、台が必要になると思います。
ひょっとすると、上翼も重さに耐えられないかもしれない・・・。
ちなみに、フェアリー社の航空機に「ガネット」という「世界一醜い航空機」があります。
「ガーネット」とは意味が違うので気にしない事にした。



ギャラリー
LDDScreenShot35.png
斜め前から

LDDScreenShot36.png
斜め後ろ。

LDDScreenShot38.png
ずれてるけど正面から。

LDDScreenShot37.png
エルロンは一応動くけど、下にしか動かないまま放置。
エレベーターとかラダーも稼働します

LDDScreenShot39.png
魚雷と、主脚。主脚は主翼側にしか繋がってないので絶対的に強度が足りません。

LDDScreenShot40.png
支柱はちゃんと斜めになってます。前縁側の支柱は繋がってません。

LDDScreenShot43.png
機銃の人は「敵戦闘機に追いかけられている」顔

LDDScreenShot42.png
ブラキストル・ハイドラエンジン。かっこいい。

LDDScreenShot41.png
しゅっ。

LDDScreenShot45_20120609235137.jpg
急降下するガーネットの元画像。

ボツメカギャラリー

2011年11月20日 22:20

ボツになった・公式に公開されずにバラバラにされたもののギャラリーです。
昔の画像が多めなので、あまり写真が綺麗でないです。

戦闘機2 004
LF-13のスペースパック(?)
もろにマ◯ロスの影響です。やけにミサイルを多く積んでいたり・・・。
割りと好きだけどパーツ食い過ぎもろすぎ。

動画&写真 001
小ネタで作った小戦闘機。
お腹にミサイルを一つくっつけられます。
パーツ取りの犠牲になりました。

5.jpg
「乗せる兵士がいない」という理由で没になった兵員輸送車。
これは初期のもので、あとで銃眼つけたりしました。
そしてダサい

59.jpg
ノリで作った艦載機。とっても小さくて可愛い。
ノリで作っただけにバラされました。
幅18ポッチで主翼たためたりと非常にコンパクトです。

0000511.jpg
手を滑らせて墜落、そのまま直されることもなかったガンシップ。いくらなんでも可哀想である。
なんか機銃の数がすごいです。あとメインローターがモーターで回ります。
大型ヘリ(まだ未公開)に大きな影響を与えてます。

DSC00001.jpg
タウロス装輪戦車の前身となる(?)量産装輪戦車。
ハッチはついているんですが、何故かフィグが乗れないしあんまりかっこよくないのでボツ。

0000602.jpg
LF-17の安価版、という位置づけで作っていた戦闘機。
2機量産するつもりでしたが、なんか没になりました。

写真 004
ふるぅ~い空母(?)。いや、強襲揚陸艦とも言える、何か分からないもの。
WW2の空母を参考にしているので、アホみたいに対空機銃をつけています。
何故かビーチングして艦首ハッチから戦車を繰り出せたりします。
これの技術がシーザー級に役立ちました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。