--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LF-13 レイヴン

2010年02月27日 19:41


当機はLEGOfrontier国空軍の特殊制空戦闘機である。
ありとあらゆる戦闘機を遥かに凌ぐ空対空戦闘能力を持つが、
機体のコストが一般的な戦闘機の10倍近くし、
パイロットによる操縦はもちろん、遠距離からの無線操縦が可能であり、さらに半自律戦闘能力を有する。
そのようなことから、「特殊制空戦闘機」の名を持つほどである。

また、低速から高速飛行時に高効率を得るため、可変翼を採用しており、
可変翼の可変機構は小型、高出力のアクチュエーターによって駆動されている。

固定武装は20mm機関砲である。
速射性と命中精度を重視したぺブル機関砲を採用し、安定した攻撃力を誇る。

エンジンはレイヴンの開発に伴って新設計され、小型かつ高出力、信頼性の高いエンジンを搭載している。
それによりスーパークルーズを可能にした。
これらの装備により驚異的な機動力を発揮するが、パイロットの体力を著しく消耗するため、常時最大出力での戦闘は無人の場合に限る。
コクピットはコフィンシステムを採用している。
また、機体全体に各種センサーを搭載し、様々な場面でパイロットを補助する。
ソフトウェアは遠距離操作戦闘、半自律戦闘、自動回避を可能とし、
被弾時にはダメージを受けた部分を使用せずとも戦闘、航行する機能も搭載している。
しかし、形状の複雑さによりステルス性能は皆無であり、隠密作戦には向いていない。

武装:20mm機関砲(装弾数680発)×1、AAM12発またはASM8発か汎用爆弾12発搭載可能。

コメント
これはかなり前から形になっていました。
ただし、いろいろと不満があったのでちまちまと改良しているうちに今になりました。
作り始めた当初はあまり戦闘機等に詳しくなかったのでいろいろ変です。
ので、設定はかなり無理矢理だったり・・・・・・。
マクロス的な何かだと考えていただけるといいです

何度か機体の愛称を変更しました。最終的にカラスに落ち着きました。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。