--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M208 120mm榴弾砲

2011年10月05日 21:02

2011.9.26 公開用 102縮小版
M208 120mm榴弾砲は、レゴフロンティア国陸軍に配備されている榴弾砲である。
補助エンジンを搭載しないため、短距離の走行も不可能だが、
その分安価・軽量で、信頼性も高い。
120mmなので戦車砲と同じ砲弾が使用可能で、
APFSDS弾も発射することは可能だが、あまり実用には向いていない。
それよりも、砲弾の薬莢化ができることにメリットがあるといえよう。

2011.9.26 公開用 104縮小版
駐退機は砲身の左右に設置されており、砲の低位置化に一役買っている。
しかし、砲の位置が低くなったことにより高射角時に装填作業がしにくくなってしまっている。

2011.9.26 公開用 101縮小版
小型汎用軍用車に牽引されるM208。
砲脚が砲身よりも短いため、砲脚の反対側に牽引具が設けられている。

2011.9.26 公開用 003縮小版
射撃演習の風景。
発射速度は最大で8発/分、持続射撃ならば3発/分である。

射程は通常榴弾の場合15000m、
ロケット補助推進弾を使用した場合は最大射程は22000mとなる。
また、弾道計算コンピューターを使用することによって遠距離でもそれなりの精度で射撃できる。

ブリック共和国でM208Bとしてライセンス生産されている。マズルブレーキを装備し反動を軽減しているほか、いくつか改良点も見受けられる。


コメント
射撃姿勢の榴弾砲っていいよね。踏ん張ってる感が好き。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。