--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィーグルアロー近SAMシステム

2011年10月01日 23:33

2011.9.26 公開用 108縮小版
本システムは、レゴフロンティア国陸軍の
近距離防空用システムとして開発されたものである。
このシステムは、車体のXS501にシステムを取り付ける形となっているが、
システムは車両と独立しておらず、一体として運用される。

XS501はレゴソウル国によってLEGO国際連合に提供されている小型の軍用多目的輸送車両であり、
本車両はそれをライセンス生産したものを使用している。

2011.9.26 公開用 109縮小版
左右2つある発射機には4発ずつの赤外線誘導ミサイルが収められ、
その間にTVカメラ・赤外線センサー・レーザー受光部が装備されている。
センサー部分の上にあるものはIFFアンテナである。

発射機とセンサー部分は旋回式で、左右120度程度まで旋回できるが、
車体と干渉してしまうので、発射機を後方に向けることができないという欠点がある。

2011.9.26 公開用 111
射撃姿勢をとっているヴィーグルアロー近SAMシステム。

重量増による牽引能力の低下や、発射時に牽引物にバックブラストがかかるため、
牽引機は撤去されている。

ちなみにライセンス生産はされた試しがない。特にレゴラン◯ド民主主義連邦とかに発射機をライセンスした記憶はない
※そういうネタです
地味だけどちゃんと後方にも指向できるようになっているっぽい


スペック

武装
    赤外線誘導ミサイル×8

乗員
    2名

重量
    約4トン

最高速度
    時速110キロ



コメント
なんか近SAMを作りたかったので、XS501にポンとのっけてみました、という感じです。
ところで、この車体として使用しているXS501ですがほんとに素晴らしいですよ。
小パーツ、高強度、そして高い拡張性。いくつあっても困りませんね。
ベースとして使っているXS501は既に完成していたため、
ヴィーグルアロー近SAMシステムとしては1時間もかからずに完成しました。
その後で多少改良したりはしましたが、それを含めても1時間ぐらいだと思います。
発射機は自衛隊の近SAMのような感じのも好みなのですが、
あえてこのようにしました。あと、アヴェンジャーシステムは正直言ってダサいと思います。
スポンサーサイト


コメント

  1. ポポ | URL | -

    No title

    ICOなどでも何度か拝見させていただいた事がありましたが、この度正式採用と言ったかんじですかねー。
    近SAMは対空機銃に代わる接近防空の要となるでしょうし、この手の装備品があると、私の場合なんとなくですが防空に関しては一安心と言った感じがします(笑)。
    デザインの方はしっかりとIFFが付いていたり、センサー類も妥協なく全て再現されている辺りが素晴らしいと思います! そしてうちの近SAMはこの作品の半分しかミサイルが装填出来ない(苦笑)。また名前の方もかっこいいです。次作にも期待しております!
    アベンジャーは……陸自の近SAMに比べるとちょっとダサいですよね(笑)。

  2. /// | URL | -

    No title

    >ポポさん
    そうですね、自衛隊でも高射砲から近SAM等の地対空ミサイルに取って変わられていますしね。
    実は通信アンテナがついていなかってりしますが、
    つけると見た目が残念になるのでつけてません。
    アヴェンジャーシステムはなんでターレットの中に人を載せたのか不思議。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://legofrontier.blog70.fc2.com/tb.php/53-bcafd5ff
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。